日本最大級のゲームギルドLGGが運営するGameFi攻略サイト

仮想通貨のおすすめ取引所は?比較ランキング5選

仮想通貨やブロックチェーン関連のゲームを始めるにあたって必要な取引所。

どれが一番良いのかわからない!という人に向けて、以下の観点から登録するのにおすすめの取引所を選びました。

  • 取引手数料が安い
  • セキュリティが高い
  • 操作が使いやすい
NANA

銀行と同じように、目的に応じて2,3か所開ける人も多い仮想通貨取引所。それぞれに特徴があるので見ていきましょう。

目次

おすすめの仮想通貨取引所比較

P2E Hacksでおすすめする仮想通貨の取引所ベスト5は以下です。

スクロールできます
手数料通貨数使いやすさレバレッジ
最大0.0750%700種類以上世界中の人が利用あり
無料~(*1)17種類国内最大級の取り扱い通貨数なし
無料~(*2)14種類国内BTC取引量No.1あり
無料~(*3)16種類送金しやすいあり
BTC/JPY無料5種類セキュリティ安心あり
NANA

まずはビットコインをリスク少なく触っていきたい!という人には、コインチェックがおすすめ !

コインチェックはレバレッジ取引がないので、自分が入金した金額以上のリスクを負うことなく

一方、幅広い通貨を取引していきたい人はBinanceと、Binanceへの入金用に送金手数料の安いGMOコインの開設がおすすめです。

*1 取引所・販売所とも手数料無料。ただし販売所はスプレッド(購入価格と売却価格の差のこと)があり、販売所での手数料相当額は0.1〜5.0%。

*2 ビットコイン販売所、アルトコイン販売所での手数料は無料。ビットコイン簡単取引所、Lightning 現物の手数料は約定数量 × 0.01 ~ 0.15%(単位: 各コインで異なる)

*3 販売所、レバレッジ取引、暗号資産FXでの手数料は無料。現物取引の場合、手数料はMaker:-0.01%
Taker:0.05%

Binance(バイナンス)

海外の仮想通貨取引所として取引高世界No.1のBinance。

上記表を見てもわかるとおり、手数料が圧倒的に安く、幅広いアルトコインに投資できるのが特徴。

ただし、日本円での入金ができないため、(クレジットカードで仮想通貨を直接購入することは可能)注意が必要です。

Binance(バイナンス)の主な特徴

  • 世界中の人が利用
  • 様々なアルトコインに投資することが可能
  • 登記をせず暗号資産業を行っているので様々な国から警告を受けている

Binanceの口座開設方法は下記の記事を参照してください⇩

あわせて読みたい
Binance(バイナンス)の口座開設・登録方法|わかりやすく解説! Binanceは海外暗号資産取引所でももっとも有名な取引所。登録方法を画像付きで紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)

国内の取引所としておすすめなのはCoincheck。ユーザー数が多く流動性が高いのと、取引所内での取引手数料が無料なのが魅力的です。

Coincheckの主な特徴

  • 取引手数料が無料
  • 500円から取引することが可能!
  • マネックスグループ(東証取引所1部の傘下のため、セキュリティが安心)

口座開設方法はこちらの記事(目次2)を参考にしてください⇩

https://blockchain-game.jp/opening-coincheck-account/

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年からサービス提供をしている国内取引所。コインチェックとは違い、レバレッジ取引(入金した額以上の金額での取引)をすることが可能です。ただし、その分リスクもあります。

最近、bitFlyerのクレジットカードができたことによって「普段の買い物でビットコインを貯める」ことが可能になりました。

ちょっとした買い物から仮想通貨に紐づけたい人にとってはおすすめです。

bitFlyerの主な特徴

  • ビットコインの取引量が多く、約定しやすい
  • Tポイントなど、他サービスと連携してビットコインを貯めることができる
  • レバレッジ取引できるのは今のところビットコインのみ

GMOコイン

GMOコインは、GMOインターネット株式会社のグループで運営されている取引所です。

開設がスムーズにしやすく、手数料が安いのが特徴です。

特に送金手数料が無料なので、海外取引所をメインに使いたい人はこちらを開設しておくと日本円から安く取引することができるようになります。

GMOコインの主な特徴

  • 送金手数料が無料なため資産移動がしやすい
  • 開設がすぐできる
  • 現物からレバレッジ取引まで取引の種類が幅広い

Liquid(リキッド)

LiquidはQUOINE株式会社によって2017年に設立した取引所です。

安全第一を売りにしており、通常ホットウォレット管理(インターネットに接続された状態での資金管理)をするところ、リキッドはコールドウォレット管理(=インターネットに接続しない状態での管理)をしているため、不正アクセスを防いでいます。

Liquid(リキッド)の主な特徴

  • スプレッドが狭いので、運営に取られる差額が低く取引することが可能
  • 独自のトークンQASH(キャッシュ)を取引することが可能

まとめ

仮想通貨の取引所おすすめを紹介しました。自分がどんな取引をしていきたいのかによって選ぶところが異なってくると思いますが、リスクがあることは忘れず、余剰資金の範囲で行っていくことをおすすめします。

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Axie Infinityのスカラーでコツコツプレイ中(MMR2000前半)
同じP2EのJob Tribes, Mir4, など色々齧るミーハー。
攻略情報を先読みしないとゲームできない派。

Twitterでは最新情報を呟き!気軽に話しかけてください~
https://twitter.com/kyoto00maccha

目次
TOPへ
目次
閉じる