日本最大級のゲームギルドLGGが運営するGameFi攻略サイト

【Axie Infinity】最初の3体の選び方|勝てるデッキ完全解説

zone

この記事を監修しているZoneです。

プロフィール:P2E Hacks エグゼクティブアドバイザー。初心者に向けて分かりやすくAxieやBCGに関する有益な情報を発信中。Twitterはフォロワー6500名以上。2021年の年末にはAxie Infinityの共同創業者であるJeffrey Zirlin(通称Jiho)をゲストに招いてトークライブを主催。

本記事では、Axie Infinityを始めるにあたって、ほとんどの人がぶち当たる壁である、「最初の3体の選び方」について解説しています。

この記事を読まれている方はきっと、

  • Axie Infinityを始めてみたいけど、どんなAxieを買ったら勝てるんだろう?損しないんだろう?
  • Axieを買ってみたけど、全然勝てない・・・弱いAxieを買っちゃったのかな?
  • Axie界隈のディスコードでこのAxieが強いって言ってるけど真似していいのかな?

といった悩みを抱えられているのではないでしょうか?

私も、最初にAxie Infinityを始めたときには、どんなアクシーが強いのかよくわからないまま購入しました。そして見事に失敗しました(笑)

アクシーを買う時の基準はさまざまな視点があります。

アクシーを購入する際の視点
  • 目標は?(ランキング上位狙い?スカラーに使わせる?)
  • 予算はいくら?(高い=強いではないことに注意)
  • Adventure(コンピューター戦)にも対応できる?
  • そのAxieは誰でも扱いやすい?

しかし、Axie Infinity初心者が選ぶ基準は一つ!

Zone

ちゃんと稼げるAxieを選ぶことです。

初心者が選ぶべき最初の3体選定基準
  • 世界TOP100のleadersbordにも頻繁に登場する人気の構成である
  • 世界TOP100のleadersbordに登場するデッキの中で、比較的安価である
  • MMR2,200(SLPを稼ぐ上での最大効率)以上を達成できるデッキである
  • アドベンチャーがこなしやすい
  • 扱いやすくある程度決まりきったパターンで戦える
  • そのためスカラーシップにも転用できる
  • アクシーの入門編としてちょうどいい(簡単すぎず難しすぎない)

逆に一流プレイヤーの構成を真似したり、Discordの情報を鵜呑みにしたりすると、自分で扱いきれずに勝てない可能性もあります。

そこで、初心者が陥りがちな最初のデッキを選ぶ上での注意点」と「オススメの3体構成についてお伝えします。

この3体は、自分でプレイするもよし、スカラーさんに渡すもよし、とても汎用性の高い構成になっています。

また、自分なりに構成を考えて買いたいという人は、より詳しい「最初の3体の選び方」noteも覗いてみてください。アクシーのクラス別にどんなパーツ(スキルカード)を入れるべきかを細かく説明しています。(中級者向けです)

近日開始予定のシーズン20では、これまで強力であった「ダブルアネモネ」がナーフ(弱体化)される可能性があります。
その他にも多くのカードに調整が入っているので、ぜひこちらの動画をご覧ください。

目次

なぜ「最初の3体の選び方」があなたの稼ぎを決めてしまうのか?

Axie Infinityは、最初の3体の選び方で獲得収益が大きく変わります

アクシーは、大きく分けて6種類(クラスと呼ばれています)あり、それぞれ得意なことや特徴が違います。(正確には9種類ですが、初期3体の選び方を考える際には無視して構いません)

スクリーンショット 2021-11-17 17.44.37
6種類のアクシーの特徴

これらにくわえて、「目・口・耳・背びれ・角・しっぽ」の合計6つのパーツがアクシーの使う技や能力値を決めていきます。

Axie Infinityは、このクラスとパーツの組み合わせによって、無限の戦略が広がっており、それ自体がゲームの面白さを引き立てています。

しかし、初心者プレイヤーにとってはとても複雑で、どういう組み合わせをすれば勝ちやすいのか?がわかりにくくなっています。

1.稼げるMMRの上限はデッキ構成に左右される

Axie InfinityにはMMR(マッチメイキングレート)という指標があります。このレートの高低によって、一試合で獲得できるSLPの数が変わります。

スクリーンショット 2021-11-17 17.47.07
MMRと勝利時の獲得SJPの関係

このMMRは収益にダイレクトに響くため、できるだけ高いレートを維持することが収益化の鍵となります。

ところがMMRには、どんなにプレイヤーのセンスがあっても、デッキ構成がまずいと絶対に上に行けないゾーンが存在します。MMRは、デッキによってどこまでいけるのか?の潜在能力がある程度決まっているのです。

【MMRの決定要素】=デッキの潜在能力×プレイヤーの腕

そのため最初の3体次第で、あなたの稼げる金額の上限が決まってしまう、ということになります。

2.勝てるデッキを揃えた方が楽しい!

初期の3体の選ぶ際には、きちんとアリーナーで勝てるデッキ構成を考える必要があります

アリーナで勝てないとMMRが上がらないというのもありますが、単純に面白くありません。ゲームを続けていくためには、ゲームが楽しくなければなりませんよね?

この「楽しく続けられるかどうか」は、見落としがちな、でもとても重要な要素です。

MMR2,000を超えた人たちは、基本的にそのあとやめません。しかし多くの人はそのMMRに到達する前にやめてしまいます。

3.スカラーシップやブリードの可能性も見えてくる

ゲームが楽しくなってMMRが2,200を超えてくると、スカラーシップやブリードなどの、より収益性の高い稼ぎ方にも自ずと興味が出てきます

スカラーシップは「自分ができたことを他人に教えて、自分のコピーを作っていく」ようなものです。

そのため自分がプレイイングで勝てると確信しているデッキほど、スカラーにも勧めやすく、かつプレイイングの指導もしやすくなります。

Zone

自分が勝てるデッキ=スカラーも勝たせられるデッキ」ということですね。

勝てるデッキは当然市場でも価値が高いですから、ブリードで需要の高いアクシーを生み出せれば、それは利益に直結します。

つまり、初期3体のデッキをしっかりとアリーナで勝てる構成に揃えることが、今後のあなたの収益の可能性を広げてくれる、ということです。

ランキング上位勢のデッキをパクる際の4つの注意点

スクリーンショット 2021-11-17 17.53.47
トップランカーのデッキは公開されている

初期デッキの決め方の王道は、ランキング上位勢のデッキをまるパクリすることです。「Leaderboard」というサイトで、TOP100位のプレイヤーがどのような構成で戦っているのを見ることができます。

しかし、これを初心者が真似をする時には注意が必要です。理由は次の4つです。

スクリーンショット 2021-11-17 17.55.21
ランカーのデッキを真似する際の注意点

1. 誰を真似ていいのか判断がつかない​

Axie Infinityは、主にTwitterやYoutubeなどで情報発信をされている方が多く、その方々も「初めの3体はこれがオススメだよ」とは教えてくれています。

しかし、それぞれ「プレイングを極めている人」「スカラーシップを回している人」「ブリードをメインにやっている人」などで、立場が違います。

その立場によって「何がどうオススメなのか?」の根拠も異なり、かつ細かく説明されていないことも多いため、初心者には「誰のを真似すると自分にとって最適なのか?」がわからないこともあります。

加えて、Leaderboardのサイトの情報はリアルタイムのものでなく、タイムラグがあります。

前シーズンのデッキであったりすることが多々あるため、最新のゲームルールに合わないものがある可能性もあるのです。

2. 予算が高くつく

ランキング上位勢のデッキは勝つために高いアクシーを揃えています。

そのためそのアクシー構成を真似しようとすると購入費用が高くなり、自分の予算を大幅に超えてしまうことがあります。

加えて、高いアクシーが、そのまま強いアクシーである、というわけでもありません。

3体セット・全部のパーツが揃って初めて意味があるため、「予算的に全部は無理だけど、2体だけ真似しよう」と思っても、似たようなパフォーマンスが出ないどころか、低いパフォーマンスしか出ないこともあります。

3.耳や目のパーツなど細かいところを見落としがち

そして細かい話ですが、目と耳のパーツに気がつかないということもあります。

アクシーのステータスは、技がセットになっている口・角・背びれ・しっぽだけでなく、目と耳のパーツの属性によっても変わってきます。

トッププレイヤーは、その細かいところまで計算に入れてアクシーを考えていますが、初心者ではそこまでの考えを想像することは難しいです。

変に妥協して、近いものを買うだけですと逆効果になってしまいます。

4.使いこなすのが難しい

アクシーのバトルは、無限にあるクラスとパーツの組み合わせと戦略から計算して、デッキ構成を考える必要があります。

そのため、初期の3体を教えてもらう際には、プレイイング指導がセットになっていないと、使いこなすのが難しくなります

同じアクシーを使っていても、隊列の組み方、カードの切り方、戦局のタイミングごとの判断によって、勝率は大きく変わります。

プレイイング指導があることで、「なぜその3体なのか?」という意図もわかりますし、相手のデッキに合わせた戦い方の変化にも対応でき、勝率を上げていくことができます。

逆に、「使い方」をセットで教えてもらわないと、デッキ構成が同じでもトップランカーと同じような成果を出すことはできません。

ネット上のオススメテンプレートも注意して選ぼう

よく見るテンプレ集

また、ネット上には「初期プレイヤーへのおすすめ構成」として、

  • 前衛にプラントを置き
  • 中衛と後衛に、ビースト、バード、アクアを置く

構成が紹介されているのをよく見かけます。

前衛にHPの高いプラントを置き壁役にして(タンクと呼ばれています)、中後衛には攻撃力の高く、HPの少ないアクシーをおいて攻撃をしよう(アタッカーと呼ばれています)というのが、その根拠です。

これは確かに理にかなったデッキで、いまでも使っている人は多いですが、ここにも少し注意点があります。

スクリーンショット 2021-11-17 18.08.28
テンプレアクシーの注意点

それでは、事前の注意点が理解できたところで、どのアクシーを選んだらいいのか?その考え方の説明に移りましょう。

【基礎知識】アクシーの能力の決まり方やスキルについて理解しよう

Axieの能力値の決まり方

先ほどAxieには9つのClassがあるとお伝えしましたが、Classごとに、Base Stats(基本能力値)が違います。

ClassHPSpeedSkillMorale
Aquatic39393527
Beast31353143
Bird27433535
Bug35313539
Plant43313135
Reptile39353135
Dawn35353931
Dusk43392731
Mech31394327
ClassごとのBase Stats(基本能力値)
各ステータスの説明

・Heath:Axieの体力。レベル1ではHeathの値を10倍した値となる

・Speed:戦闘でスピードが高いAxieから順番にアクションを行う。なお、同じSpeedの場合は、下記に従って順番が決まる

High speed > Low HP > High Skill > High Morale > Low Fighter ID

・Skill:コンボ(複数枚の技を使用)時のダメージ計算に使われる。※(カード攻撃力×Skill値)/ 500

・Morale:クリティカル発生率、ラストスタンドに入る判定、ラストスタンドのバーの数に影響

計算式:(最終ダメージ – 残りHP) < ( HP × Morare/100)

この表の値に、各部位のBody Partsの値が加算されて、最終的なAxieの能力値が決まります。

ClassHPSpeedSkillMorale
Aquatic+1+3
Beast+1+3
Bird+3+1
Bug+1+3
Plant+3+1
Reptile+3+1
Body Partsのステータスボーナス

例えば、Axie自体のClassが「Aquatic」、各部位のBody Partsが全て「Aquatic」の場合、下記のような計算で能力値が変化します。

Zone

全てのボディパーツClassが一致しているAxieはPure(ピュア)と呼ばれます。

Dawn/Dusk/Mechの3種には背びれ・口・角・しっぽのBody partsがないためピュアが存在しません。(今後増える可能性もあり)

最近のルール変更でSkill値によりコンボのダメージが増える変更が加わったため、特にMechが人気になる可能性があります。

Ability Card(アビリティカード)の基礎知識

次に、背びれ・口・角・しっぽにより使える技が変化するAbility Card(アビリティカード)について説明します。

カード(全130種以上)ごとに様々な効果があり、バトル中、攻撃や体力回復など様々な効果を発動させることができます。

Ability Cardの読み方はこちらの通りです!

どのBody partsを付けるかによって、どのような技が使えるのか変わってくるので、慎重に選ぶことが大切です。

相性ボーナスも理解しておこう

Axie本体同様に、Ability CardにもClassがあります。

Ability Cardが、どのClassなのかによって、相手のAxieに与えるダメージも変わります。

そのため、流行りのパーティー構成への対策を考えるときに、どのClassのAbility Cardを選ぶのかがポイントになります。

Axie本体の有利Classに対しては攻撃力が+15%アップ、不利Classに対しては攻撃力が-15%されます。

この有利・不利は使うAbility CardのClassと相手Axie本体のClass間で計算されます。

例1)相手Axie本体のClass:Beast
   自分Axie本体のClass:Aquatic
   自分の使うAbility CardのClass:Aquatic
   →ダメージ+15%

例2)相手Axie本体のClass:Beast
   自分Axie本体のClass:Aquatic
   自分の使うAbility CardのClass:Plant
   →ダメージ-15%

Zone

Ability Cardの帯の色でClassの判断ができます。

  • Plant(プラント)→緑色
  • Aqutic(アクアティック)→青色
  • Bird(バード)→ピンク
  • Beast(ビースト)→オレンジ
  • Bug(バグ)→赤色
  • Reptile(レプタイル)→紫色
  • Dawn(ドーン)→Ability Cardなし
  • Dusk(ダスク)→Ability Cardなし
  • Mech(メカ)→Ability Cardなし

Classごとの入れるべきAbility Cardを知りたい人は、こちらのnoteも参考にしてください。

負けるAxieの特徴は?選ぶことの重要性

Axieの基本的な特徴について理解したところで、Axieを選ぶ時に失敗しやすいポイントを解説します。

カードの知識が大きく関わってくるので、初心者の方は特に理解していただきたいところでもあります!

1. カードを重視しすぎて属性が偏っている

Body Partsの一覧を見ていると、「このカード使ってみたいな」というものが出てくると思います。

この時に思い出して欲しいのは属性のバランスです。

例えば、スピードが速いから攻撃しまくって一気に攻めればいいじゃん!ってこんな構成にしたらどうなると思いますか?

攻撃力重視のバード3体

→はい、負けます。

バードは確かに攻撃力が高いですが打たれ弱く、3〜4枚のカードを使われると倒されてしまいます。

Zone

相手の残エネルギーが少ない場面でも攻撃を受けてしまうと倒し切られてしまう可能性が高いですね。

2. ダメージ増加の条件が“足りない”

カードの中には、特定の条件下でしか効果を発揮しないものがあります。

例えば、BirdにCACTUSというAbility Cardを入れる場合。

CACTUSは「このAxieが最後に攻撃した時に攻撃力を120%にアップする」という効果があります。

Birdは全Class中最速のSpeedです。そのため、効果を発動できる条件がかなり限られてしまい、非常にもったいない組み合わせです。

3. 0コストカードやエネルギー回復カードを採用していない

戦闘中は

  • 1ラウンド目=3エネルギー
  • 2ラウンド目=2エネルギー

が付与されていきます。

カードを使うと基本的にエネルギーを消費するので、攻撃やシールドを張るときにこのエネルギーが変わってきます。

Axie Infinityのバトルは、エネルギーの管理が勝敗を決める重要な要素になっています。

0コストやエネルギー回復のカードが無いと、ただ待つことしかできないラウンドができてしまい、相手に行動パターンを見透かされてしまいます。

Zone

前半でエネルギーを使いすぎて、戦闘中ずっとカツカツの状態で勝つのは難しいです。

4. プレイヤースキルが必要なカードを選んでいる

Axie Infinityには“プレイヤースキルが必要なカード”というものもあります。

基本的なルールの他に「どのタイミングで何枚カードを使うか」の見極めが重要なカードです。

例えば、人気Axieの1体であるターミネーター。

Terminator
ターミネーターのAbility Card

画像左上の「SNAIL SHELL」(スネイルシェル)は、相手から攻撃されシールドが破壊されると、シールドを破壊した相手をスタンさせます。

つまり、倒されそうなタイミングで上手くスネイルシェルや他のカードを使い、防御力を調整してスタン状態にさせる必要があります。

このようにターミネーターは、カードを使うタイミングの判断が非常に難しいので、せっかく強くても使いこなせない、といったことが起こります。

Zone

スカラー用に準備するのは別のAxieの方が好ましいですね。

【Season19対応】オススメの最初の3体はコレだ!

これまでに紹介した、基本ルールや勝てないAxieの特徴が分かったところで「結局どのAxieがいいの?」と感じたと思います。

Zone

そこで、私がプレイをしていて「このAxieは強いな」と感じたAxieを解説します。

再度、初心者にオススメの基準をお伝えします。

初心者が選ぶべき最初の3体選定基準
  • 世界TOP100のleadersbordにも頻繁に登場する人気の構成である
  • 世界TOP100のleadersbordに登場するデッキの中で、比較的安価である
  • MMR2,200(SLPを稼ぐ上での最大効率)以上を達成できるデッキである
  • アドベンチャーがこなしやすい
  • 扱いやすくある程度決まりきったパターンで戦える
  • そのためスカラーシップにも転用できる
  • アクシーの入門編としてちょうどいい(簡単すぎず難しすぎない)

私がオススメするのは、この基準に当てはまったパーティーです。

ダブルAnemone・Hareバードがオススメ!

画像10
ダブルAnemone・Hareバードと呼ばれる人気デッキです。

【オススメの最初の3体】
・前衛:アクア(タンク)
・前衛:アクア(タンク)
・後衛:バード(アタッカー)

アドベンチャーもこなしやすい、バード/アクア/アクアの構成です。

2体がほぼ同じアクアということもあり、特定のパターンを覚えてしまえば使いこなしやすいのがポイントです。

前衛:アクア①

Merket Placeを開く

スクリーンショット 2021-11-17 19.27.32
アクア①のBody parts
  • 目:Gero
  • 耳:Gill
  • 爪:Anemone
  • 口:Lam
  • 角:Anemone
  • 尾:Nimo
アクア①のアビリティ

▼前衛:アクア①の特徴
・Anemone:回復
・Lam:攻撃&高防御
・Nimo:エナジー回復

前衛:アクア

Merket Placeを開く

スクリーンショット 2021-11-17 19.20.25
アクア②のBody parts
  • 目:Clear
  • 耳:linking
  • 爪:Anemone
  • 口:Piranha
  • 角:Anemone
  • 尾:Nimo
アクア②のアビリティ

▼前衛:アクア②の特徴
・Anemone:回復
・Piranha:高攻撃&ターゲット変更
・Nimo:エナジー回復

後衛:バード

Merket Placeを開く

スクリーンショット 2021-11-17 19.32.51
バードのBody parts
  • 目:Mavis
  • 耳:Owl
  • 爪:Pigion Post
  • 口:Little Owl
  • 角:Eggshell
  • 尾:Hare
バードのアビリティ

▼後衛:バードの特徴
・Little owl:バックアタック
・Eggshell:アロマによる攻撃受け変更
・Pigeon Post:デバフを相手にうつす
・Hare:カード補充

オススメデッキでのアリーナの基本戦術

1. アタッカーによるバックアタック

バードのバックアタック(Little owl)で相手のアタッカーを早めに倒すのがコツです。(Little owl:一番Speedが速い敵をターゲットにする)

バードは行動が早いので、 Little owl・Eggshell・Pigeon Postのコンボで、自分についたアロマを相手につけて、続くのアクアの攻撃も相手の後衛に入るようになります。(アロマデバフ:前衛後衛の配置に関係なく攻撃対象になる)

すると、相手の厄介な後衛アタッカーを一気に倒すことができます

スクリーンショット 2021-11-17 19.52.29
1.Little owlで後衛アタッカーにターゲット変更ができ
スクリーンショット 2021-11-17 19.52.51
2. Eggshellで自分のつけたアロマを
スクリーンショット 2021-11-17 19.53.50
3. Pigeon postで相手につける

MMR2000を超えると出てくる毒パーティーに対しても、ピジョンポストで毒を返せたりできます。


2. ダブルアネモネで相手の火力に耐える

また、ダブルでAnemoneがあることで、一回の攻撃で100HP回復することができます。

一気に倒されない限り、回復を駆使して生きながらえることができるため、相手アタッカーが早めに倒せるとしぶとく生き残ることができます。

AnemoneのカードはHPが満タンの状態でも、受けるダメージを読んだ上で、倒されないようにシールドとしても機能させることもできます。

スクリーンショット 2021-11-17 19.51.30
スクリーンショット 2021-11-17 19.55.03

またLamのカードは自分のHPが50%以下のときに、攻撃力が120%になります。火力が出しながらやり返せるのが特徴です。

Piranhaのカードは攻撃力120を常に取れるというのと、バードのバックアタックで後ろのアクシーにダメージを入れた後に、追い討ちをかけられるのが優秀です。


3. Hareで火力不足をカバー

バードのHareのカードドローで火力不足気味なところをカバーしています。
また、バードと相性の悪いプラント・レプタイル・ダスクにも高火力を出すことができます。

スクリーンショット 2021-11-17 19.56.52

オススメデッキの苦手パーティーの解説

もちろん、このデッキも完全ではなく、苦手なパーティーが存在します。

1. 高火力&高防御のレプタイルが相手に入っている場合

アネモネが活躍することなく、耐えられずに終わってしまいます。

レプタイルは、アクアとバードとの相性も悪く、こちらの火力不足で倒しきれないことが多いです。


2. Tri Spikesが入っているレプタイル/ダスク

Tri Spikeのレプタイル

Tri Spikesの「Spike Throw」は防御が一番低いキャラクターに照準を合わせます。4枚で一気に切られると3体のうちどれかはほぼ即死します。

Thorny Caterpillarの「Allergic reaction」も、デバフがついているときに130%ダメージになるので、スタンとスピードダウンのデバフ効果のある別のカードとの相性がよく強いです。

3. プラント、プラント、バードのデッキ

苦手属性のプラントが2体いることに加え、相手のバードがピュアバード(全てのbody partsがバード属性)であることが多いです。

ピュアバードの場合こちらのバードより先手で動かれてしますので、こちらのバードでのバックアタックが揃うまでの間に相手のバードに攻撃を入れられてしまうケースが多いです。

バードが倒せたとしても、プラントが苦手の属性であり、高HPで回復を持っていることも多く、倒すのに苦労します。

自分で構成を考えて選んでみたい人向けの解説

オススメのデッキ構成があるとはいえ、全てのパーティーに勝てる組み合わせではありません

上記で紹介したように、どんな構成であっても、得意不得意なパーティーがあります。

カードを引く順番も毎回異なるため、ある程度運の要素もあります。

そこがAxie Infinityの面白さともいえますが、初心者向けに分かりやすく、ド定番のBeast・Aquatic・PlantのAxieを選ぶ際の基本的な考え方を紹介します。

ただし、Ability Cardは適宜効果やステータスの調整があるので、今の環境で強いAxieの特徴はこれなんだな、くらいに留めておいてください。

※本記事はでは雑種(BeastにAquaticのカードを付ける等)は扱いません

▼過去にもAbility Cardの調整が入りました(一部抜粋)

引用元:https://axie.substack.com/p/play-axie-earn-dai-fa7

Beastの選び方

最初は最も分かりやすいBeastについて解説します。

Beastは説明するまでもなく攻撃型のAxieで、耐久力が高いPlant・Reptile・Duskに対してダメージを与えやすいです。

多くの人が前衛に配置しているPlantに対して非常に有利に立ち回れます。

一方で、よりSpeedが高いBirdやAquaticに対しては、ダメージ量が増加してしまうこともありボコボコにされます。(3発喰らうとKO)

だからと言って、苦手なBirdやAquatic対策を頑張っても、結局Speedでは勝てないので努力が水の泡になってしまいます。

Zone

Axieも人間と同じで、得意なことを伸ばしてあげた方が輝けます。

苦手な部分は他のAxieで補完してあげる考え方が非常に重要です。

つまり、BeastのAxieを選ぶ際はいかに簡単にPlant・Reptile・Duskを倒せるのか?を考えるべきと言えます。

この観点から、Beastに付けると強いなと思ったAbility cardは以下です。

RONINパーツ画像効果(Single Combat)
2枚以上のカードを組み合わせると(計3枚以上)クリティカルが出る(このカード分のみ)
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:80防御力:0
JAGUARパーツ画像効果(Nitro Leap)

このカードを選択したアクシーがラストスタンドにいる場合は、常に最初に攻撃出来る
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:120防御力:35
RISKY BEASTパーツ画像効果(Revenge Arrow)

このカードで攻撃するアクシーがラストスタンド状態の場合、150%のダメージを与える
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:125防御力:25
FURBALLパーツ画像効果(Juggling Balls)
3回攻撃。(毒デバフと相性が良い・クリティカル発生率も分散)
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:40防御力:30
AXIE KISSパーツ画像効果(Death Mark)
このカードで攻撃するアクシーのHPが30%未満の場合、ターゲットにクリティカルデバフ付与(Lethal=自分の次の攻撃が必ずクリティカルになる)
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:100防御力:30
GODAパーツ画像効果(Piercing Sound)
相手のエネルギーを1破壊。
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:80防御力:40
NUT CRACKERパーツ画像効果(Nut Crack)

他のNut Crackerカードとコンボした時120%ダメージ
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:105防御力:30
IMPパーツ画像効果(Ivory Stab)
このラウンドで自分のチームが与えるクリティカル1回につき1エネルギー獲得。
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:80防御力:20
DUAL BLADEパーツ画像効果(Sinister Strike)

クリティカル時200%のダメージ(Moraleup等と併用がベター)
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:130防御力:20
ARCOパーツ画像効果(Acrobatic)
攻撃をした時、このアクシーに2ラウンドの間speed+を付与(Speed+=次のラウンドで20%Speed増加。重ねることが可能)
※現状戦闘画面ではMoral upと表示されますが、Speed upが正しい効果です
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:100防御力:50
COTTONTAILパーツ画像効果(Luna Absorb)
攻撃後、1エネルギーを獲得
タイプ:サポートコスト:0攻撃力:0防御力:30
HAREパーツ画像効果(Hare Dagger)
このアクシーがラウンドの開始時に攻撃する時
カードを1枚引く
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:120防御力:30
NUT CRACKERパーツ画像効果(Nut Throw)

他のNUT CRACKERカードとコンボした時120%ダメージ
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:105防御力:30
RICEパーツ画像効果(Night Steal)
別のカードと組み合わせると相手からエネルギー1奪う
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:80防御力:10

なお、Beastはエネルギーを消費するので「IMP+RONIN」の組み合わせを入れるか、他のAxieにエネルギー回復を持たせるかした方が良いです。

Beastのまとめ
  • 攻撃型のAxieであり、Plant・Reptile・Duskを倒すことに注力すべき
  • Bird・Aquatic対策はムダ
  • Ability cardは攻撃力重視
  • パーティーにエネルギー回復役を入れるべし

Aquaticの選び方

続いてはAquaticについて解説します。

AquaticもBeastと同じ攻撃型ですが、BeastよりもSpeedと耐久力が高い代わりに、火力が低いです。

先ほどもお伝えしたように、Beastとの1対1ではほぼ負けることはありません

逆に、耐久力のあるPlant・Reptile・Duskには苦戦を強いられます

Zone

自分がAquaticを使っていて、前衛Plant、後衛Duskだとやる気が落ちますね。

Beast同様、BirdにはSpeedでは勝てないので潔く諦めましょう。

注力すべきは、相手のAquaticに対して先制をいかに取るのか?を考えるべきと言えます。

なので、Speedを上げる効果を持つAbility cardが多用されます。なお、基本的にAquaticは全てのAbility cardをAquaticにする構成をよく見かけます。

HERMIT
パーツ画像効果(Shelter)
このカードを選択したラウンド中このアクシーへのクリティカル無効
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:0防御力:115
GOLDFISHパーツ画像効果(Swift Escape)

このカードを選択したアクシーが攻撃を受けた時、2ラウンドの間Speed+バフ付与(Speed+=次のラウンドで20%Speed増加。重ねることが可能)
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:105防御力:20
SPONGEパーツ画像効果(Shipwreck)

このカードを選択したアクシーのシールドが壊れた場合、Attack+バフ付与(Attack+=バフがかかると次の攻撃のダメージを20%増やす/一度攻撃すると効果は消える。重ねることも可能)
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:60防御力:90
PERCHパーツ画像効果(Spinal Tap)
2枚以上のカード(合計3枚)でコンボすると、カード未選択の敵を攻撃対象とする
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:100防御力:20
ANEMONEパーツ画像効果(Aqua Vitality)
攻撃に成功すると、このカードを使用したアクシーのAnemoneパーツ1つにつき50HP回復
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:80防御力:35
LAM
パーツ画像効果(Angry Lam)
HPが50%未満の場合、120%のダメージ
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:110防御力:40
CATFISHパーツ画像効果(Swallow)
このカードで与えたダメージ分、このアクシーを回復する
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:80防御力:30
RISKY FISHパーツ画像効果(Swift Escape)

攻撃対象がPlant、Reptile、Duskの場合、このアクシーにAttack+バフを付与(Attack+=バフがかかると次の攻撃のダメージを20%増やす/一度攻撃すると効果は消える。重ねることも可能)
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:105防御力:20
PIRANIAパーツ画像効果(Crimson Water)
このカードを選択したアクシーのHPが50%未満の場合、ダメージを負った敵を攻撃対象とする
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:120防御力:30
BABYLONIAパーツ画像効果(Shell Jab)
攻撃対象がカード未選択の場合、130%のダメージを与える
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:100防御力:50
TEAL SHELLパーツ画像効果(Deep Sea Gore)
このカードで攻撃した時、使用したアクシーのシールドを30%追加
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:50防御力:80
ANEMONEパーツ画像効果(Aquaponics)

攻撃に成功すると、このアクシーのAnemoneパーツ1つにつき50HP回復
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:80防御力:35
ORANDAパーツ画像効果(Hero’s Bane)
攻撃対象のラストスタンドを終了
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:120防御力:30
SHOAL STARパーツ画像効果(Star Shuriken)
このカードで攻撃されHPが0になった攻撃対象は、ラストスタンドできない
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:115防御力:10
KOIパーツ画像効果(Upstream Swim)
Aquaticクラスのカードとコンボした時、このアクシーに2ラウンドの間Speed+バフ(Speed+=次のラウンドで20%Speed増加。重ねることが可能)
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:110防御力:30
NIMOパーツ画像効果(Tail Slap)
他のカードとコンボした時にエネルギーを1つ得る
タイプ:近距離コスト:0攻撃力:20防御力:0
RANCHUパーツ画像効果(Water Sphere)

攻撃対象に2ラウンドの間Chillデバフ付与(Chill=攻撃を受けたキャラはラストスタンドが発動しない)
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:120防御力:30
NAVAGAパーツ画像効果(Flanking Smack)
このカードを選択したアクシーがこのラウンド最初に攻撃すると、120%のダメージを与える
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:100防御力:40
SHRIMPパーツ画像効果(Chitin Jump)
最もSpeedが速い敵を攻撃対象とする
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:30防御力:30

また、オススメでも紹介したように、AquaticにANEMONEを2枚付けた通称「ダブルアネモネ」は、1枚ANEMONEを使うとHPを100回復できるため非常に強力です。

Aquaticのまとめ
  • 攻撃型のAxieであり、相手のAquaticに対して先制を取ることに注力すべき
  • BirdにSpeedで勝とうとしない
  • Ability cardは攻撃力重視
  • ダブルアネモネも強力

Plantの選び方

続いてはPlantについて解説します。

Plantはこれまで紹介してきたAxieとは異なり、HPが高い代わりにSpeedが遅い耐久型です。

また、選ぶAbility cardにより壁役・エネルギー補給役・回復役になれるため、非常に戦略の幅が広がります。

AquaticやBirdに対しては非常に有利に立ち回れますが、Beastにはめっぽう弱いです。

Zone

相手がBeastカードを使ってきた時にクリティカルが出た時は発狂モノです。

PlantはSpeedが最も遅いので、その遅さを活かしてあげた方が輝きます。

例えば、

  • 防御力が高いカードや回復カードで相手を消耗させる
  • 残っているエネルギーを奪う
  • 相手に毒を付ける

といった戦略を考えることができます。

以上の観点から、Aquaticに付けると強いなと思ったAbility cardは以下です。

BIDENSパーツ画像効果(Cleanse Scent)
このアクシーから全てのデバフを取り除く
タイプ:サポートコスト:0攻撃力:0防御力:50
WATERING CANパーツ画像効果(Aqua Stock)

このアクシーが「Aquatic Card」で攻撃された場合、1エネルギーを獲得
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:45防御力:80
SHIITAKEパーツ画像効果(Shroom’s Grace)

このアクシーのHPを120回復
タイプ:サポートコスト:1攻撃力:0防御力:40
PUMPKINパーツ画像効果(October Treat)
このアクシーのシールドがこのラウンド中壊れなかった場合、カードを1枚引く
タイプ:サポートコスト:1攻撃力:0防御力:110
SERIOUSパーツ画像効果(Vegetal Bite)
他のカードとコンボした時、相手からエネルギーを1奪う
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:30防御力:30
BEECHパーツ画像効果(Wooden Stab)
このカードを使用したアクシーのシールドが壊れた場合、120%のダメージを与える
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:105防御力:40
ROSE BUDパーツ画像効果(Healing Aroma)

自分のHPを120回復
タイプ:サポートコスト:1攻撃力:0防御力:50
CACTUSパーツ画像効果(Prickly Trap)
このアクシーが最後に攻撃すると120%のダメージを与える
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:115防御力:20
CARROTパーツ画像効果(Carrot Hammer)
このアクシーのシールドが破壊されたときエネルギーを1獲得(2枚重ねてシールドが破壊された場合は、エネルギー2回復)
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:70防御力:40
CAT TAILパーツ画像効果(Cattail Slap)
Beast、Bug、Mechのカードを使って攻撃されるとカードを1枚引ける(例:3回攻撃されたら3枚引く)
タイプ:遠距離コスト:0攻撃力:20防御力:30
YAMパーツ画像効果(Gas Unleash)

このカードが攻撃か防御に使われるたびに毒を付与
タイプ:遠距離コスト:1攻撃力:20防御力:20
HOT BUTTパーツ画像効果(Spicy Surprise)
攻撃対象は次のラウンドmouthカードを使えない
タイプ:近距離コスト:1攻撃力:90防御力:50

他のPlant cardと組み合わせて使うことで、0コストで1エネルギー回復できる「Leaf Bug」も好まれます。

Plantのまとめ
  • 耐久型のAxieであり、相手をかき乱すことに注力すべき
  • 選ぶAbility cardにより戦略に幅を持たせることが可能
  • Ability cardは防御力・耐久力重視

まとめ:Axieの選び方で勝敗が決まる!

以上、最初にして最大の壁であるAxieの選び方について触れました。

値段が高いAxieや強いAbility Cardが揃っているだけでは勝てず、どのAbility Cardをいつ選択するのか?という考え方も重要です。

また、人によっては

  • 時間がとれないから最低限稼げればいい人
  • アリーナで上位層に入ってガッツリ稼ぎたい人
  • スカラーに貸し出すので扱いやすいAxieを買いたい人

など状況は様々ですよね。

Zone

どんな戦い方だと自分のプレイスタイルに合っているのか、使いやすいアクシーを見つけるのも楽しみの一つです。

ぜひ色々試して、お気に入りの構成を見つけてくださいね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Axie Infinityのマネージャー兼スカラー。
本気でPlay to Earnを目指すガチ勢。
初代ファミコンからゲームにハマり、ソシャゲ・アニメ・声優さんも大好き。
ゲームは1日10時間まで。

目次
TOPへ
目次
閉じる